FC2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江城のお殿様 松江城の呪い

つづき。


出雲国松江藩に新しく移された 松平直政 。

西軍として敵対した毛利氏の監視・牽制のため

徳川家康 の孫が松江にやってきました。



初めて松江城に入った直政は天守の様子に驚きました。

天守は長年放置されて荒れ放題になっていたのです。


直政の前の藩主 京極忠高 は若くして跡継ぎなく急死。

その前の藩主 堀尾忠晴 も同じく跡継ぎのないまま急死。

さらにその前の藩主 堀尾忠氏 は変死。

松江城築城に命をかけた 堀尾吉晴 の娘は池に身投げ。

さらに家老と孫の謀反によるお家騒動。


松江城は築城の時から主に不幸を呼び集めていました。


松江の人々は松江城は祟られている、とうわさしていました。

それは、築城の時突然さらわれ、

生きたまま人柱にされた若い娘の怨霊が

城の主の命を奪っているのだ、というものでした。

  参照 「 松江城のお殿様 松江城の石垣 」



直政はその荒れ果てた天守の中にたたずむ

一人の若い娘を目にしました。


娘は直政を睨み

「この城はわらわのものなり。」と言い放ちました。

直政は動じることなく

「あいわかった。明日にでも このしろ をそなたにくれてやろう。」

そう答えると、娘はスーッと消えてしまいました。


直政は家来に「コノシロ」という魚を用意させ

天守の最上階、天狗の間に供え、手厚く供養しました。


翌朝、コノシロは無くなり

コノシロをのせていた三宝だけが城内のやぐらで見つかりました。


それから、娘が現れることはありませんでした。


松江城は娘に呪われていたのか、それが解かれたのかわかりませんが

その後、松平家は明治の廃藩置県まで続くことになります。


つづく。











スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

どうも!

カジヤさんからのコメント、記事にしました!

暇があれば見てください!

りのさん

おお!
それは身に余る光栄!
忙しくても見に行きますぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。