FC2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江城のお殿様 直政の初陣

つづき。


松平直政
 が14歳のころ、

越前に祖父 徳川家康 からある命令が届きます。


直政の兄、越前北ノ庄藩主 松平忠直 に向けたその命令は

大坂城攻撃に参戦せよ、というものでした。


世に言う 大坂冬の陣 です。

   大坂冬の陣についてはこちらを参照『 松江城のお殿様 三代目藩主 』
  

忠直の出陣を聞いた直政は

自分も参戦したい、と申し出ます。


若干14歳の弟を戦に出したくなかった忠直は

その願いを聞き入れませんでした。


ですが、直政の熱意と気迫に押され

最後には出陣を認めることになりました。


兄に戦の許可をもらった直政ですが、

母、月照院の身分の低さから

実はお金がありませんでした。


困っていた直政に家臣の 神谷兵庫 が尽力します。

なんと戦の資金、2000両を西本願寺から借り受けてきたのです。

これで大坂へ出発することができました。

家臣のためにも、借金返済のためにも

必ず武勲をあげてやろう、と直政は勇んで出陣しました。




兄、松平忠直率いる松平軍15000は

大阪城の南に布陣し、

前田利常 ・ 伊達政宗 などの陣と並びました。

その背後には

徳川家康・秀忠の両陣営が控えます。


そして、豊臣方は名将 真田幸村 がこれを迎え撃つ形で、

戦が始まります。



つづく。






スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。