FC2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江城のお殿様 京極忠高

つづき。


松江城には 堀尾忠晴 の死去後、 京極忠高 が入りました。


松江城は宍道湖の東側・北岸にあります。

その宍道湖の西には斐伊川(ひいかわ)という川が流れていました。

斐伊川はよく洪水を起こす川でした。


氾濫の度に人々の命を奪い、

田畑を泥で埋め、家々を飲み込む

この川そのものが 「ヤマタノオロチ」 とも言われています。


忠高は斐伊川の洪水で

人々が苦しんでいることを知りました。


そして、川の流れを変えるという大工事を行いました。


元々、中国山地から日本海へ流れ出ていた斐伊川を

宍道湖に流れ込むようにしたのです。


しかし、この大規模な治水工事の完成を

忠高は見ることはありませんでした。


45歳で跡継ぎのないままこの世を去ったのです。


斐伊川の洪水から解放された人々は、

若狭国からやってきた殿様、京極忠高にちなんで

この工事でできた土手を 「若狭土手」と呼ぶようになりました。



つづく。






スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。