FC2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月山富田城のお殿様 厳島神社

つづき。


毛利元就 (もうりもとなり)が

尼子氏から離反する少し前の事です。


尼子経久 (あまごつねひさ)が攻略を進める安芸国には

厳島神社(いつくしまじんじゃ)がありました。


実は、この厳島神社には神主職をめぐって

後継者争いが何年も続いていたのです。


先代の友田興親(ともだおきちか)は

足利義稙 (あしかがよしたね)に従い上洛(京に滞在)しました。

   ( 【 大内義興 】参照 )

しかし、京で病死してしまいます。


興親には跡継ぎがいなかったため

2人の甥が神主職を狙い、対立が起きていたのでした。


そのうちの一人、友田興藤(ともだおきふじ)が

神主の居城となっていた桜尾城(さくらおじょう)を突然占拠し

自分こそが神主であると宣言します。


これに手を貸したのが、有田中井手の戦いで戦死した ( 【 毛利元就の初陣 】参照 )

武田元繁(たけだもとしげ)の子

武田光和(たけだみつかず)でした。


自分の領内で騒ぎを起こされた大内義興 (おおうちよしおき)は

当然怒り、制圧に向かいます。


友田興藤の桜尾城には義興が率いる1万の兵。

武田光和の佐東銀山城(さとうかなやまじょう)には

義興の嫡男、大内義隆 (おおうちよしたか)の兵1万5千が出陣しました。


安芸国の大内氏の動きは毛利元就 (もうりもとなり)からの

知らせによって尼子経久の耳に届きます。


伯耆国へ侵攻中だった経久は

急きょ、5千の兵と元就以下国人衆を

援軍として佐東銀山城に向かわせました。


しかし、大内軍は初陣の義隆によって士気を高めており

尼子氏の援軍を打ち破ります。


苦戦を強いられた尼子軍に

元就は夜襲を提案しました。


悪天候の中、この攻撃は成功し大内軍を撤退させます。

佐東銀山城は守られました。


一方の桜尾城は籠城戦となり猛攻を耐えていましたが

ついに和睦という形で大内軍の軍門に下る結果となります。



これを 佐東銀山城の戦い といいます。


この後、毛利元就は大内方へと鞍替えし尼子から去り、

武田光和は十数年後に急死。武田氏は衰退していく事となります。

また、友田興藤は再び大内氏に対して蜂起するも、

籠城の末、1人残り城に火を放ち切腹してしまうのでした。




つづく。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。