fc2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

松江城のお殿様 茂助くんのせがれ 2

つづき。



会津討伐に従軍し、関ヶ原にも出陣した堀尾忠氏は

茂助くん(堀尾吉晴)の次男です。(異説あり)


では、長男はどこに行ったのでしょう?


またまた、関ヶ原より時をさかのぼること 10年。

秀吉が天下統一を果たす最後の戦、「小田原の役」の頃の話です。


秀吉は天下統一への仕上げとして

北条氏政 と 北条氏直 の小田原城に攻め入りる決断をします。

陸から海から、大軍勢が秀吉の命令で集まりました。


その中に、茂助くんの姿がありました。

堀尾家も一族総出で この戦に参加していたのです。


忠氏の兄 堀尾金助 はこの戦が初陣でした。


出発の日、金助の母は我が子を見送りに出ました。

若い金助は戦への思いを高ぶらせ、うずうずしていました。

母は頼もしくなった金助を嬉しくも思い、

また、殺し合いの場に向かわせなければならない

苦しみも感じつつ、金助の無事を祈り見送るのでした。


熱田の裁断橋でのことでした。


やがて、母の元に金助の死の知らせが届きます。

金助は討ち死にではなく

戦場の過酷な環境に病を患い、そのまま死んでしまったのでした。

18歳でした。


我が子と別れた裁断橋はボロボロになっていました。

母はこの裁断橋を修復することで

金助の供養につながると信じ、思い出の橋を直すことにしました。



時がたち、修復した裁断橋は再び傷んできました。

年老いた母は私財をなげうって、もう1度修復に臨みます。


しかし、その完成を待つことなく母はこの世を去ったのでした。






つづく。



 



スポンサーサイト