fc2ブログ

プロフィール

カジヤ

Author:カジヤ
ご先祖様を調べています。
調査方法、失敗、発見、トラブルなどを紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ブログランキング
なんかアクセスアップに役立つ らしいよ

FC2Blog Ranking

金屋子神話民俗館

大明京 ゆかりの祠を求め、

金屋子神社総本山を訪れました。

しかし、カラブリ。

お次は【 金屋子神話民俗館 】という資料館。

移動時間は1分。要するにとなりでした。


ここ、ホントにやってんのかな?っていう雰囲気の外観で

中に入っても誰もいない・・・

やっぱ休館日か?でも、入れたしなぁ。


困惑していると奥のほうからおばあちゃんが出てきました。

ばあ 「はいはい、いらっしゃい。」

ばあ 「3人さんですかいね。」 


自分 「あ、はい。そうです。」

ばあ 「そげでしたら、900円ですけんね。」

自分 「あーはいはい。900円ね。」

ばあ 「そちらから まわれますけん。」

そう言って、入場券とパンフレットを手渡してくれました。

洗い物をしていたのか、ちょっとだけ手が濡れていて

パンフレットにも水滴が・・・

そのおばあちゃんの「おばあちゃんっぽさ」が妙に面白くて

危うく吹き出しそうになりました。


コントのような空間を作り上げたおばあちゃんにお礼を言うと

いよいよ、資料館内部に潜入します。


薄暗い館内には金屋子神の伝説や

【たたら】の様子を説明したもの、

(たたらは もののけ媛 にも出ていた製鉄場のこと)

昔の鉄器や日本刀も展示されていました。


洞窟のような館内の中央に・・・あった!

祠だ!

図書館で調べまくった本の中に紹介されていた

あの写真の祠とよく似ているぞ。


確認ダー。

さっそく持参の「大明京ファイル」取り出し

該当する本のコピーの祠を比較。







・・・な~んか、違うくない?

見た目ソックリだけど、細かいところがどーも違うよーな・・・。


モヤモヤを抱えて残りの展示物を見学し、

出てきました。


おばあちゃんに尋ねます。

自分 「展示されている祠はこの祠(コピーを見せて)かどうかってわかります?」

自分 「昭和40年代ごろに松江にあったものなんですけど・・・」


ばあ 「はぁ・・・ワシにはわからんですわ。」

ばあ 「あの祠は松江から来たもんとは聞いちょりますけんどねぇ。」  



う~ん・・・

なんとも言えないこの結果。

結局、結論の出ないまま【 金屋子神話民俗館 】を後にしました。


だって、お腹空いてたんだもん。

お昼まわって2時だもん。

ごはん食べたいもん。

山の中だもん。

お店ないもん。


ふもとのレストランまで小1時間だったのでした。






スポンサーサイト